解決事例

弁護士費用

相続YesNoチャート

よくあるご相談

ヘッダー画像コラム

相続コラム

関連するキーワードをチェックして絞り込み


   
遺言を撤回する方法について解説 イメージ
遺言を撤回する方法について解説
作成した遺言の内容を変更したり、撤回したいと考えることも出てくるかもしれません。遺言の撤回の方法についてご紹介します。

遺言

弁護士

生命保険金が引き起こす不公平な相続 イメージ
生命保険金が引き起こす不公平な相続
被相続人が契約していた生命保険金は、遺産分割の対象となるのでしょうか?生命保険と遺産相続の関係について解説します。

遺留分侵害額請求

特別受益

その他

二次相続がトラブルになりやすい要因 イメージ
二次相続がトラブルになりやすい要因
二次相続は、一次相続よりもめやすい傾向にあります。二次相続のトラブルになりやすい要因と対策についてご紹介します。

その他

生命保険での遺留分対策について解説 イメージ
生命保険での遺留分対策について解説
生命保険と遺留分の関係について解説し、遺留分対策としての活用方法についても説明しています。

遺留分侵害額請求

特別受益の持戻しとは? ~特別受益と認められるものと認められないものについて~ イメージ
特別受益の持戻しとは? ~特別受益と認められるものと認められないものについて~
相続財産が不公平な状態となってしまうことを考慮して、民法では特別受益という制度を設けています。

特別受益

弁護士

子どもがいない夫婦の相続について~遺産相続の基本と注意点~ イメージ
子どもがいない夫婦の相続について~遺産相続の基本と注意点~
子どもがいない夫婦の相続に関して、必ずしも配偶者のみが遺産を相続するわけではありません。遺産相続の基本と注意点と合わせてご紹介します。

遺留分侵害額請求

代襲相続

遺留分を請求する人に制限はあるのか イメージ
遺留分を請求する人に制限はあるのか
遺留分は、被相続人の残された家族の生活を最低限保護するための制度ともいわれております、遺留分を請求できる人にはどのような制限があるのかを解説します。

遺留分侵害額請求

相続でもめる原因と対策 イメージ
相続でもめる原因と対策
全ての相続が円滑に進むわけではなく、争いに発展してしまうケースもあります。遺産相続でもめる原因ともめないための対策についてご紹介します。

遺産分割

贈与

遺言

相続人に連絡しても無視されている場合の遺産相続の手続はどうなるのか? イメージ
相続人に連絡しても無視されている場合の遺産相続の手続はどうなるのか?
相続人の中に連絡が取れない人がいたり、相続発生を知らせても無視されていたりといった状況の際にどうすべきか、詳しく解説していきます。

遺産分割

その他

離婚した前妻(前夫)とその子どもに相続権はあるのか? イメージ
離婚した前妻(前夫)とその子どもに相続権はあるのか?
離婚した夫婦の間に生まれた子どもと両親の親族関係は、離婚によって解消されることはありません。解説していきます。

遺言

遺産分割

その他

相続放棄をしたら不動産の管理責任はどうなるのか イメージ
相続放棄をしたら不動産の管理責任はどうなるのか
2021年に相続放棄後の管理義務に関するルールが改正され、2023年4月より新しいルールが施行されました。

相続放棄

不動産

孫に遺産を相続させたい場合の方法と注意点について イメージ
孫に遺産を相続させたい場合の方法と注意点について
孫に遺産を相続させるためにはどうしたらよいのでしょうか。具体的な方法と注意点について解説します。

代襲相続

贈与

遺留分を支払わないとどうなるのか? イメージ
遺留分を支払わないとどうなるのか?~確認するべき注意点や支払困難な場合の対処法もあわせて解説します~
遺留分を請求されたらどのように対処したらよいのという点と支払困難な場合の対処法をあわせてご紹介します。

遺留分侵害額請求

兄弟姉妹は遺留分を受け取れない イメージ
兄弟姉妹は遺留分を受け取れない~認められない理由について解説~
被相続人の兄弟姉妹には遺留分が認められていません。なぜでしょうか、その理由について解説します。

遺留分侵害額請求

遺留分を放棄するメリット・デメリット イメージ
遺留分を放棄するメリット・デメリット
不動産を相続する場合、「どのくらい、相続税がかかるのだろうか」と不安だと思います。不動産を相続する場合の相続税の計算方法について解説します。

遺留分侵害額請求

不動産の相続税の計算方法について解説 イメージ
不動産の相続税の計算方法について解説~節税対策や注意点も紹介~
不動産を相続する場合、「どのくらい、相続税がかかるのだろうか」と不安だと思います。不動産を相続する場合の相続税の計算方法について解説します。

不動産

調査

不動産の相続について弁護士に依頼するメリットとは イメージ
不動産の相続について弁護士に依頼するメリットとは
不動産を相続する場合には、専門的な知識を必要とする場合が多く、個人で解決するのが難しいこともあります。

不動産

調査

弁護士

遺留分侵害額請求の期間制限について イメージ
遺留分侵害額請求の期間制限について
遺留分侵害額請求ができる期間には限りがあります。また、遺留分侵害額請求を行った後にも時効があります。詳しく解説します。

遺留分侵害額請求

遺贈や寄付も遺留分の対象になるのか イメージ
遺贈や寄付も遺留分の対象になるのか
遺言により遺留分を侵害する額の遺贈や寄付が行われる場合、遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を請求できるのか解説します。

遺言

遺留分侵害額請求

公正証書遺言があっても遺留分侵害額請求できるのか知りたい イメージ
公正証書遺言があっても遺留分侵害額請求できるのか知りたい
公正証書遺言によって特定の相続人が遺産の大部分を受け取るように指定されていた場合の、遺留分侵害額請求について解説します。

遺言

遺留分侵害額請求

遺産に不動産があった場合に起きる問題とは イメージ
遺産に不動産があった場合に起きる問題とは
遺産に不動産があった場合に起きる問題はたくさんあります。不動産を相続した場合に起きる問題について解説します。

遺産分割

不動産

調査

遺産に不動産があったら遺留分はどうなるのか イメージ
遺産に不動産があったら遺留分はどうなるのか
遺産の中に不動産があった場合の遺留分について、請求できる相続人の条件とは何か、遺留分の計算はどのようにするのかなどについて解説していきます。

遺留分侵害額請求

不動産

相続放棄を弁護士に依頼するメリット イメージ
相続放棄を弁護士に依頼するメリット
相続放棄を弁護士に依頼するメリットについて詳しく紹介しています。

相続放棄

生前贈与で受け取ったお金も遺留分の対象になるのか知りたい イメージ
生前贈与で受け取ったお金も遺留分の対象になるのか知りたい
生前贈与が行われると遺留分を侵害する可能性があります。ただし、全ての生前贈与が遺留分の侵害の対象となるわけではありません。詳しく解説していきましょう。

遺留分侵害額請求

不動産を相続することになったら必要な手続きについて イメージ
不動産を相続することになったら必要な手続きについて
不動産を相続することになったら、やることは3つあります。2024年4月1日から相続登記の義務化が始まりますので、しっかりとポイントを押さえておくことが大切です。

不動産

遺留分侵害額請求をしたけれど無視されてしまった イメージ
遺留分侵害額請求をしたけれど無視されてしまった
遺留分を請求しても、相手方に無視されてしまうケースもあるでしょう。そのようなときには、どう対処すればよいのでしょうか?

遺留分侵害額請求

寄与分の具体例 イメージ
寄与分の具体例
寄与分が認められるには、記事のような要件を満たす必要があります。寄与分の具体例をご紹介します。

遺産分割協議

その他

親の土地に相続人が自宅を建てた場合の遺産分割トラブル イメージ
親の土地に相続人が自宅を建てた場合の遺産分割トラブル
親が子供に無償で土地を使用させている場合、親が亡くなってしまった後、相続になったとき、遺産分割はどうなるのでしょうか?遺産分割のトラブルについて考えていきます。

不動産

遺産分割協議

遺留分侵害額請求の弁護士費用の相場について知りたい イメージ
遺留分侵害額請求の弁護士費用の相場について知りたい
遺留分侵害額請求を弁護士に依頼した場合の、費用の相場についてご紹介します。

遺留分侵害額請求

遺留分の割合について解説 イメージ
遺留分の割合について解説
ご自身の遺留分がどのくらいになるのか、遺留分の割合ってどんなものなのかご紹介します。

遺留分侵害額請求

遺言について イメージ
遺言について
相続をめぐるトラブルは、遺言を残しておくことで避けられる場合もあります。そのためにも、適切な手続によって適切な内容の遺言を残しましょう。

遺言

遺留分侵害額請求の手続きについて知りたい イメージ
遺留分侵害額請求の手続きについて知りたい
遺留分侵害額請求とは、遺留分を侵害された相続人が、贈与または遺贈を受けた者に対して、その財産の取り戻しを請求することをいいます。具体的な手続きについて解説します。

遺留分侵害額請求

遺留分って何?分かりやすく解説! イメージ
遺留分って何?分かりやすく解説!
遺留分というのは、「一定の相続人が相続できる最低限の取り分」のことです。遺留分は誰に認められているもので、どのくらいもらえるのかなど分かりやすく解説します。

遺留分侵害額請求

遺言書を無効にする方法とは?遺言書が無効になるケースと合わせて解説 イメージ
遺言書を無効にする方法とは?遺言書が無効になるケースと合わせて解説
親が遺言書を残してくれたけれど、法律で定められた形式の要件を充たしていなかったせいで遺言書が無効となってしまったというケースがあります。

遺言

遺留分の計算方法とは? イメージ
遺留分の計算方法とは?
遺留分というのは、「一定の相続人が相続できる最低限の取り分」のことです。 ご自身の遺留分がどのくらいになるのか、その計算方法についてご紹介します。

遺留分侵害額請求

遺言を公正証書で作るには? イメージ
遺言を公正証書で作るには?
遺言を作成するのは、遺族が相続で揉めないように生前にきちんと決めておきたい場合もあれば、相続人のうち特にお世話になった人に多めに財産を譲りたい場合など理由も様々です。 遺言を作成するにあたり、注目されているのが公正証書遺言です。今回は、公正証書遺言について解説していきます。

遺言

遺留分侵害額請求を弁護士に依頼するメリットとは? イメージ
遺留分侵害額請求を弁護士に依頼するメリットとは?
弁護士に依頼するメリットや費用感にご不安をお持ちの方は多いと思います。この記事では、遺留分侵害額請求を弁護士に依頼するメリットと費用感について解説します。

遺留分侵害額請求

相続に関して、弁護士と税理士どちらに依頼する? イメージ
相続に関して、弁護士と税理士どちらに依頼する?
相続に関しての相談先としては、弁護士・司法書士・行政書士・税理士といった、いわゆる士業の専門家に依頼することになります。今回は、相続における弁護士の役割と税理士の役割について解説します。

弁護士

その他

遺留分侵害額請求を弁護士に依頼した際の流れについて解説 イメージ
遺留分侵害額請求を弁護士に依頼した際の流れについて解説!
「『遺言書に○○に全財産を相続させる』と書いてあって、納得できない。ところでどのような流れで遺留分侵害額請求をするの?」と疑問をお持ちの方は多いと思います。この記事では、そもそも遺言とは何か。遺留分侵害額請求とは何か。そして、どのような流れで請求するのかを順を追って解説します。

遺留分侵害額請求

相続に強い弁護士の選び方・探し方 イメージ
相続に強い弁護士の選び方・探し方
遺産分割や遺留分などの相続でもめてしまいトラブルになってしまった場合、この問題を解決できるのは弁護士だけです。
ただ、相続に強い弁護士を探そう、選ぼうと思っても、どのように探して選んだらいいのかわからない方が多いと思います。

弁護士

その他

認知症の方がいる場合の相続について イメージ
認知症の方がいる場合の相続について
相続する人の中に認知症の方がいらっしゃる場合、認知症の方にも遺産分割協議に参加してもらう必要があります。
認知症の方も相続人としての権利を有しているので、無視をして遺産分割協議をすることはできません。

その他

相続欠格とは? イメージ
相続欠格とは ?
相続欠格とは、法定相続人であった方が一定の事情により相続資格を失うことです。
被相続人となる人を殺害したような場合や、被相続人の遺言に圧力を加えて自分に有利な遺言を作成させた場合などに、相続人として認めるのが相当でないとして相続欠格となります。

その他

遺産分割協議 イメージ
各相続財産の調査方法
各相続財産の調査方法についてお伝えします。預貯金を調査する際、どこの金融機関を利用していたか調査しなければなりません。
被相続人名義の通帳やキャッシュカード、定期預金証書、他にも金融機関からの郵便、メールなどを手掛かりに、預貯金がある金融機関を確認します。

調査

行方不明者がいる場合の相続について イメージ
行方不明者がいる場合の相続について
遺産分割協議は、相続人全員で行なわなければならず、一部相続人のみでなされた遺産分割協議は無効となってしまいます。たとえ、相続人の中に行方不明者がいる場合であっても、その相続人を除外して遺産分割協議をすることはできません。では、相続人の中に行方不明者がいる場合には、どのように遺産分割を行えばよいのでしょうか。

調査

その他

遺産分割協議 イメージ
遺産分割協議とは?弁護士に依頼するメリットと合わせて解説します!
遺産を分配するにあたって、遺産分割協議をしなければならないのはご存じでしょうか。遺産分割協議は多くの情報を調べるなど、さまざまな手続きをしなければならないため、かなりの手間がかかります。そこで、遺産分割協議の詳細と弁護士に依頼するメリットを解説します。

遺産分割協議

弁護士

相続財産の調査・相続人の調査 イメージ
遺言書が残されていない場合の遺産分割方法の流れや注意点について解説!
遺言書が見つからない場合に、「遺産を誰にどれだけ分配すればよいのか、わからない」という方も多いのではないでしょうか。また、遺留分の確認や遺産の分配方法についても、知識がないと余計なトラブルに発展してしまう可能性があります。そこでこの記事では、遺言書がない場合の遺産分割協議や遺産の分配方法について、詳しく解説します。

遺産分割協議

相続財産の調査・相続人の調査 イメージ
遺言書が原因でトラブルに発展してしまうケースとは?トラブルの相談先も合わせて解説
残された遺族のためを思って作成される遺言書ですが、遺言書そのものが原因でトラブルに発展してしまうケースも多いです。そのためこの記事では、遺言書が原因でトラブルに発展してしまうケースやトラブルになった際の相談先を紹介します。

遺言

相続財産の調査・相続人の調査 イメージ
相続財産の調査・相続人の調査
相続が開始され、相続人間で遺産分割協議を行うためには、相続財産について、どんな遺産がどの位あるかが重要な情報になります。

調査

兄弟から「あなたの遺産の取り分は500万円でいいよね?」と言われてしまった~あなたの本当の相続分は?~ イメージ
兄弟から「あなたの遺産の取り分は500万円でいいよね?」と言われてしまった~あなたの本当の相続分は?~
他の相続人から不公平な遺産分割案を提示された場合、それをそのまま受け入れなければならないのでしょうか。解決のための手続きについて解説します。

遺留分侵害額請求

遺産分割協議

その他

不動産の賃貸人が死亡すると賃貸借契約はどうなってしまうのか イメージ
不動産の賃貸人が死亡すると賃貸借契約はどうなってしまうのか
不動産賃貸借契約のような継続的契約で、契約期間の途中に契約の当事者が亡くなってしまった際に、こういった契約はどのように取扱われるのかを解説いたします。

不動産

唯一の遺産である実家に、兄弟が住んでおり、遺産分割が進まない イメージ
唯一の遺産である実家に、兄弟が住んでおり、遺産分割が進まない
亡くなった父の遺産分割は未了で、母の介護施設入居資金を捻出するためにも、遺産分割協議を前進させたい。ただ、父の唯一の遺産である実家には、兄弟が住んでおり遺産分割が進まない。法律的には誰かが住んでいる実家は売却できないのか?

不動産

実家

遺産分割協議

遺言書に自分以外の相続人に「実家の不動産をすべて相続させる」と書かれていて納得できない! イメージ
遺言書に自分以外の相続人に「実家の不動産をすべて相続させる」と書かれていて納得できない!
資産家である被相続人が残した直筆の遺言書に「貸しビルは〇〇に全て相続させる」と書かれており、自分以外の相続人が不動産の全てを相続するという不平等な内容の場合、これは法的に許されるのか?

実家

不動産

遺言

相続した不動産を売却して現金化したい イメージ
相続した不動産を売却して現金化したい
不動産の相続方法には、相続不動産を換価した後に、その代金を分ける換価分割と、不動産を取得する相続人が他の相続人へ代償金を支払うことで解決する代償分割、現物分割の3種類があります。

不動産

遺産分割協議

相続した不動産がいくらくらいなのか知りたいけど、どう調べればいいの? イメージ
相続した不動産がいくらくらいなのか知りたいけど、どう調べればいいの?
相続財産に不動産が含まれている場合、「相続した不動産がいくらなのかわかりますか?」、「不動産の評価方法を知りたいです。」といったご相談を当事務所でもいただきます。不動産の評価方法については、多数方法があります。

不動産

遺産を長男が独り占めしようとしたら? イメージ
遺産を長男が独り占めしようとしたら?
家業を継いだ長男が、実家の不動産や現金・預金などのすべての遺産を独り占めにしようとしてトラブルになることがあります。
一部の相続人が遺産を独占することができるのか、遺産を独占しようとする相続人とトラブルが起こってしまったらどうすればいいのか解説していきます。

不動産

実家

遺留分侵害額請求

遺産分割協議

不動産を相続した場合、弁護士と司法書士どちらに依頼すべき? イメージ
不動産を相続した場合、弁護士と司法書士どちらに依頼すべき?
相続に関する相談は弁護士と司法書士どちらにも相談が可能です。しかし、弁護士と司法書士の各業務内容には特徴があり、相談したい内容よって相談相手を決めると良いです。 今回は、不動産の相続における弁護士の役割と司法書士の役割について解説します。

不動産

弁護士

借地権を相続したら イメージ
借地権を相続したら
被相続人が借地権を持っていた場合、他の財産と同様に借地権も相続対象となります。借地権についての基礎知識や、借地権を相続したらおさえておくべきポイントについて解説します。

不動産

法改正で相続登記が義務化 イメージ
法改正で相続登記が義務化
所有者不明土地問題に対応するための民法・不動産登記法の改正案が、2021年4月21日に可決・成立しました。

その他

預金の無断引出し イメージ
預金の無断引出し
預金の無断引き出しのような相続財産の問題は、被相続人の生前に行われる場合と、被相続人の死後に行われる場合

その他

調査

法改正 イメージ
法改正
「相続法」が約40年ぶりに大きく変わり、改正相続法の多くは令和1年7月1日から施行されています。

その他





夜間相談受付中!